Pocket

政府主導ですすめられている働き方改革ですが

最近、働き方改革という言葉をよく聞くことが多くなりました。
普段の生活の中では、耳に入るだけで素通りし、頭の中には残りません。
何十年と会社の為に身を粉にして深夜残業、休日出勤と忙しく働いて来られた方にとって、なにを今更という感覚が強いのではないでしょうか?

正論であっても現実が見えない働き方改革

昔から常態化していた長時間労働や休日出勤、有給休暇の未消化などですが、なぜ、今頃という疑問はありませんか?
厚生労働省サイトを確認すると
なぜ今頃なのかという疑問に対しては、

「日本再興戦略」改訂2014(H26.6.24閣議決定)において、「働き過ぎ防止のための取組強化」が盛り込まれ、また、平成26年6月に「過労死等防止対策推進法」が成立するなど、 長時間労働対策の強化が喫緊の課題 となっています。出典:厚生労働省ホームページ (http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000072437.html)

が読み取れます。
また、どうしたいのかという疑問に対しては、

こうした状況を踏まえ長時間労働対策について、平成26年9月30日付けで 厚生労働大臣を本部長とする「長時間労働削減推進本部」を設置 し、平成27年1月からは 都道府県労働局においても「働き方改革推進本部」を設置 し、企業の自主的な働き方の見直しを推進しています。出典:厚生労働省ホームページ (http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000072437.html)

が読み取れます。
「長時間労働削減」は正論ですが、「企業の自主的な働き方の見直しを推進」としているところで、企業がどのようにして自主的に見直すかの現実が見えてこなくなっています。
お客様や取引先からからの問い合わせや受注対応、トラブル対応など自社が独自に長時間労働を削減してもサービスレベルが低下し利益が減少することがあれば、企業の存続にかかわる問題となってきます。

進化した電話代行サービスの活用で働き方改革をスムーズに実現

進化した電話代行サービスで働き方改革を

電話代行サービスといいますと、いまだに電話番的なイメージがつよかったり、個人向けの秘書代行のイメージが強いと思いますが、現在ではサービス種別ごとにシステム化された代行サービスへと進化をしています。
テルシンク24電話代行サービスの専門代行サービスだけでも、

をはじめとする、専門業務に特化した代行サービスを365日24時間対応も可能として提供しています。

また、以下の4つの基本プランは、お客様の業務要件に応じてプランニングできる柔軟性を持って、お客様企業に特化した電話代行サービスへと進化することが可能となっています。

電話代行業者と契約企業間の情報もメールによる一方通行の通知から、クラウドシステムを利用した双方向の情報共有へと進んでいます。

クラウド型双方向リアルタイムのご提供

電話代行クラウド型双方向リアルタイム処理を無償提供人気の4つの基本プランと専門パッケージすべてにおいて、弊社が独自開発した最新受付システム(クラウド型双方向リアルタイムシステム)を無償でご利用頂けます。

電話代行サービスは働き方改革を現実にするための有効なツールとなります

電話代行サービスは、ここ数年間で大きく進化しています。
長時間労働削減が推進される中で、企業としてのサービスレベルを落とさずに、働き方改革を実現する為のツールとして電話代行サービスのご利用をお勧め致します。

お問い合わせ

電話代行サービススタンダードプランお申し込み先

お願い

上記のフリーコール電話がビジーの場合は、03-4588-2707でも受け付けております。お手数ですがお急ぎの場合はご利用ください。
下記のリンク先よりメールフォームでの、お問合せやお見積りのご依頼、お申込みも受け付けております。
電話代行サービス 問合せ・申し込み・お見積り依頼メールフォーム