Pocket

2パターンの電話代行入電パターン

ご契約者様の用途に応じた2種類の入電パターン

加入電話会社のボイスワープ機能を利用して、通常は自社内やオフィスで電話を受付し、外出時や繁忙時、会議、打ち合わせ中のみコールセンターへ転送設定するパターンと専用のお客様センターとしてダイレクトにコールセンターへ入電させる活用方法があります。

パターン1 転送利用~外出時 繁忙時のみ電話代行を利用する

  • テルシンク24がご契約者様専用電話をご用意致します。
    通常はご契約者様電話機に入電が有り、ご契約者様が打ち合わせや外出などで多忙・お留守の場合だけ電話代行コールセンターへ転送設定するパターンとしてご利用が出来ます。
    (業務繁忙時、会社休業時など必要時のみ転送設定することで、月間コール数を低減し低価格帯の電話代行プランパッケージコースへの契約が可能となります。)

    電話代行 転送利用
  • ボイスワープ機能を利用することで、業務状況に応じて転送設定が可能となり、コールセンターへの転送コール数を調整できます。
  • 入電状況は、貴社様指定のメールアドレスと双方向リアルタイムシステムの管理画面により即時報告致します。

パターン2 ダイレクト利用~外出時 繁忙時のみ電話代行を利用する

  • テルシンク24がご契約者様専用電話をご用意いたします。
    エンドユーザー様がコールセンターへ直接入電するパターンとして電話代行のご利用が出来ます。

    電話代行 ダイレクト利用
  • クレーム受付センターやお客様ご相談窓口としての専用回線としてご利用出来ます。
  • フリーコールやフリーアクセス(0120、0800)の回線を敷設することで、着信課金サービスの提供も可能です。
  • 入電状況は、貴社様指定のメールアドレスと双方向リアルタイムシステムの管理画面により即時報告致します。

ご契約者様の電話代行用途により使い分けが可能です。

ご契約者様の規模や業務内容に応じた柔軟な対応で、お応えいたします。

ボイスワープ機能

ご契約者様が加入する電話会社が提供するサービスで、かかってきた電話をあらかじめ設定した電話番号(コールセンター)へ転送するサービスです。
無条件転送、無応答時転送などの設定が可能です。
通常は、外出先からのリモートコントロールによる設定変更が可能です。

リアルタイム双方向システムの利用

リアルタイム双方向システム(無償提供)を利用することで、御社からコールセンターの入電状況と対応状況の閲覧が可能です。また、オペレーターへの対応指示も行えます。

電話代行クラウド型双方向リアルタイム処理を無償提供

お問い合わせ

電話代行サービススタンダードプランお申し込み先

お願い

上記のフリーコール電話がビジーの場合は、03-4588-2707でも受け付けております。お手数ですがお急ぎの場合はご利用ください。
下記のリンク先よりメールフォームでの、お問合せやお見積りのご依頼、お申込みも受け付けております。
電話代行サービス 問合せ・申し込み・お見積り依頼メールフォーム