Pocket

プレミアムフライデー導入での受付対応にも柔軟に対応

いよいよ2017年2月24日からプレミアムフライデーが導入されました。
経済産業省が経団連と協力して実施する経済活性化のための施策とのことですが、プレミアムフライデー制度を実施した企業が0.1%とか2.5%とか様々な情報が飛び交う中、テレビニュースでは、嬉々として3時に退社する会社員が放送されていました。

プレミアムフライデー導入企業は、当面は、大企業が中心になるのでしょうが、プレミアムフライデーを導入した企業でも、取引先や営業先が導入をしていないため電話がかかってくるなどのつぶやきもネット上で多く見られました。

士業系の個人事務所などは、積極的にプレミアムフライデー制度の導入を検討している所もある様です。

  • プレミアムフライデー制度を導入時に、制度を導入していない営業先や取引先からの電話対応をスムーズに行いたい。
  • システムダウンやトラブル発生などの緊急時のエスカレーションを取れるような体制をとりたい。
  • 同業他社とサービスの差別化を行って、ひとつのビジネスチャンスとしてとらえたい。

などのご要望がありましたら、スポットや短期の電話代行サービスにも柔軟に対応致します。

サービス内容や費用は、対応内容による都度見積もりをさせて頂きます。

プレミアムフライデーも電話代行サービスで乗り切ろう出典:経済産業省ウェブサイト (http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161212001/20161212001.html)これから徐々に導入が進むプレミアムフライデー制度をうまく乗り切り、ビジネスチャンスとしてとらえ、スポットや短期間の電話代行サービスのご利用をお考えのお客様はお気軽にお問合せ、ご相談下さい。

政府はプレミアムフライデー利用促進の方針

平成29年2月に期待を持ってスタートしたプレミアムフライデーですが、平成30年に入るとほとんど話題にならなくなってしまった感があります。しかし経済産業省は、消費喚起と働き方改革の双方に効果が出ているとして引き続き官民連携して取組み、さらに大都市圏から地方への展開を計る方向です。

プレミアムフライデーの消費喚起への効果

経済産業省によると、プレミアムフライデーに合わせてイベントやキャンペーンを実施した企業の20%以上が来客数が増え売り上げが向上したとしています。
これは、プレミアムフライデーに関する関心が低下したとはいえ、取り組み方の工夫次第で業績向上につなげることができ実際に結果を出している企業があるということです。
電話代行サービスは使い方次第で人件費をかけずに新しいサービスやイベントを展開していく手段として有効です。
この機会に、電話代行サービスを利用しての業績向上に挑戦してみませんか?
プレミアムフライデー売り上げアンケート

出典:経済産業省ウェブサイト
(http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/service/premium-friday/brochure.pdf)

お問い合わせ

電話代行サービススタンダードプランお申し込み先

お願い

上記のフリーコール電話がビジーの場合は、03-4588-2707でも受け付けております。お手数ですがお急ぎの場合はご利用ください。
下記のリンク先よりメールフォームでの、お問合せやお見積りのご依頼、お申込みも受け付けております。
電話代行サービス 問合せ・申し込み・お見積り依頼メールフォーム